最近のPV

COOL MOVIE

最近のPV

通常、それは一つの音楽の昇進のためにしばしば生み出されました。
しかし、2000年代が始まったとき、音楽を収集しているアルバムの音楽ビデオは一つのCD市場の低下のような要因によってしばしば生産されました。
アルバムは特別版(再発ボード)の2006の「Information」です。
そして、50セントの2005の「Massacre」がそうであったアルバムのベックは音楽のすべて歌を収集するビデオを録画したDVDで付随しました。
そして、それは話題でした。
近年は、海外技術を日本で採用するために調子でアルバム・リリースの時に一つのCDのために鉛のトラックを発表することなく、ビデオだけが生じるケースは、増加します。
物語特徴を音楽ビデオに加える多くのものが最も有名であるということに、マイケル・ジャクソンの「スリラー」(1983)が、あります。
ユニークな例に、同じ音楽の中で異なるテキストの12の部分(12の章、およそ40分)で物語を開発したすべてのRケリーの「トラップト・イン・ザ・クローゼット」(DVDとしてそれを集めることができます)が、あります。
もちろんほかにもあります。
最近のPVというのはストーリーを重視しているものが多いのである種の短編映画のようにかんじます。